いいクラブにしよう ロータリーの心と原点からさらなる変化を 会長 久保田栄一

会長写真

 2017年―2018年のRIのテーマは「ROTARY : MAKING A DIFFERENCE(ローター:変化をもたらす)」です。RI会長 イアンH.S. ライズリー氏は「私たちは行動をもって答えます、奉仕を通して変化をもたらすことによって」と述べられています。
 そして地区の標語は「UPDATE MY CLUB」です。その心は自分たちのクラブを社会の変化に合わせ、上書きし、更新をしてさらなる発展をさせていく。「いい飯田ロータリークラブを作る」ことである、と理解します。このクラブのいいところをさらに良くしていく、そして時代に合わせて変えて行くことだと考えます。
 今年度、飯田ロータリークラブは、ロータリーの心と原点を考えながら1年間かけて社会の変化に即した組織を目指して行きます。また、他クラブの良いところは学び、取り入れて行きたいと思います。ロータリークラブには 「ロータリーの目的」 「4つのテスト」 「ロータリー公式標語」 「ロータリアンの行動規範」 という4つの規範や標語があります。その中で大切な標語は 1.「超我の奉仕」 2.「最もよく奉仕するもの、最も多く報われる」です。 心と原点に帰るとはもう一度これらの規範や標語を再度確認し、その精神を学びそして更なる更新(変化)をすることです。
 私はロータリーの礎は、「職業奉仕」であると考えています。「職業奉仕の見える化」を推進し、「自らの職業を通じて社会に奉仕する」を原点として、会員の皆様とともに、活力を持った「いい飯田ロータリークラブ」にしていきたいと思います。 会員一人一人が「私はロータリアンです」「あっそれなら安心だ!」と言われるそんなロータリアンになれるようにUP DATEしていきたいと思います。

〈クラブ重点事項〉

  • IMの実施、成功。
  • 会員の増強をさらに進める。
  • 会員相互の親睦を図る。
  • 職業奉仕が「ロータリークラブの金看板である」事を推進する。
  • ローターアクトクラブを支援する。
  • CLPの発展を検証して新しい奉仕活動を考える。
  • R財団、米山奨学会へ協力する。
  • 効果的な広報活動をする。